TOEICのリーディングセクションは、長文読解問題が増加しています。文法や語法の知識よりも、長文を読んで素早く意味をつかむことが重視されてきているわけです。この最後の長文パートをそれなりにこなすためには必須といえる読み方がいくつかあります。
まず、英文を英文のままで理解することです。中学や高校の授業のように、一文一文日本語に翻訳しながら読んでいては全く時間が足りません。TOEICは決して小説ではないのです。一文一文吟味しながら読むものではありません。このスピードを得るためには十分な量の英文を読む練習をすることです。

次に、最初から最後まで英文を読んでから問題に移る必要はありません。というかむしろ、そうしてはいけません。よほど英語力があって、一度読んだ英文をある程度しっかり記憶した状態で問題文に移れる人は別ですが、一般的にはそれでは二度手間になります。つまり、一度読んでいるにも関わらず、答えを探すために再度英文を読むことになるからです。

 

では、最初から問題を読んで何が聞かれているのかを把握した上で、英文を読み始めればよいのかというと、これもおそらくは余分に時間を要することになるでしょう。というのも、問題だけでは、この英文で何がテーマになっているのか、何についての英文なのかが分からないからです。言い換えれば、聞かれていることがあまりに唐突で、何のことだか全く分からない、という状態に陥りやすいのです。この状態で英文を読み始めても、問題を理解できていないわけですから答えもすんなりとは見つかりません。

 

これを避ける方法は、英文のテーマというか何について書かれた文章なのかをまずさっと把握することです。多くの場合、タイトルや最初の一文だけを読めば、というか見れば、その英文が何をテーマとしたものかくらいは分かることが多いですし、もし分からなければ全文をざっと眺め読みするくらいのことはしても構いません。要は、問題を読んだときに、この英文で何を聞かれているのか、何を探さないといけないのかが分かる程度には理解しておきましょうということです。

 

そして、これはあくまでもTOEICにだけ通用する方法ではありますが、問題に対する答えのありかです。実は、問題の順番と、英文の中で答えの隠されている部分の順番とは一致しています。1番目の問題の答えは英文の初めのほうにあり、2番目の答えは中ほどに、3番目の答えは最後のほうに、ということです。1番目の問題の答えが、3番目の問題の答えよりも後の文章を読まないと分からないとか、あるいは英文全体を読まないと答えられないなどということはありません。

 

これらを総合すると、最後の長文パートの解き方としては次のようになります。つまり、まず英文をタイトルだけあるいは全体をざっと眺めてテーマを把握し、問題の一つ目を読み、英文を読み始めて一つ目の問題の答えを探し、次に問題の二つ目を読み、続きから英文を読んで二つ目の答えを探し、というようになります。