就職試験や転職などの時に、最近注目してもらえる資格にTOEICがあります。TOEICは英語関連の資格の中でも、生きた英語、実践で活用できる英語力を図ることができる試験内容になっていますので、この点数が高いと実際に外国の方を前にしても使える英語力があるとみてもらえます。ですので、学生時代から取得する方が多くなっています。

 

TOEICの試験内容は大きく分けて筆記試験とリスニング試験があります。筆記試験は冊子の問題を解くもので、単語力や読解力などが必要になってきます。残り半分はリスニングで、英語で流れる質問に対して、答えをマークしていきます。問題文や質問が聞き取れないと答えられませんので、聞く力を持っていないと点数が取れないという試験内容です。ネイティブな英語の聞く力を養っておかなくては筆記を勉強しても、点数をアップさせていくことはできません。

 

普段から耳が慣れて、たとえ知らない単語が出てきても、前後から推察できるような力を付けておく必要があるのです。TOEICでは避けては通れないネイティブな発音を聞き取る力をつけておかなくては、点数アップにはつながりません。そこでリスニングを念頭に置いた対策を考えて勉強していかなくてはなりません。

 

このようにリスニング対策が重要になってくるのですが、とにかく耳を慣らすことが基本的に必要です。そのためには話すスピードになれる、単語を多く覚えておくなど、勉強するというよりは繰り返し聞くこと、わからなかったり聞き取れないポイントを復讐することが重要です。そのためには音声付きの教材を選ぶことが必要です。ネイティブの発音で勉強できる教材を何度も繰り返し聞き、自分が理解した内容で合っているのかを復讐し、また聞くの反復で理解が進みます。また、はじめからネイティブなスピードについていけないこともありますので、音声教材で大切なところは繰り返してくれたり、スピードが遅い、早いなど段階的にステップアップするようなものだと、最初からハードルが高くてついていけないということがなくて取り組みやすいでしょう。

 

もちろん、音声教材だけではなく、それを目でも見て確認できるとより頭にも残りやすくなります。頭と耳と口が一緒に動くような仕組みを考えられた教材を見つけると良いでしょう。また、最近は音声部分をどこでも勉強しやすいようにパソコンにデータとして落せたり、スマートフォンのアプリとして出しているものもあります。これなら携帯できるツールにデータを移せるので、外出先でも音声を耳にできるので聞き取りに慣れることもあります。リスニングを特に意識せずとも、耳が勝手に聞き取って頭で答えを判別できるように、少しでもスムーズに耳に入るようにしておくのがコツです。そのためには音声付きの教材、さらにその内容も一辺倒ではなく、ポイントとなるところを入念にわかりやすく変化を付けて編集されていると、より理解が進むでしょう。