今では、英検を受ける方よりもTOEICを受ける方のほうが多いと言えるかもしれませんが、TOEICを受けるついでに英検のほうも受けておこうかと思われている方もおられるかもしれません。それでは、英検とTOEICはどこが違うのかと言いますと、まずTOEICのほうが英検よりもリスニング・パートの比重が高いと言うことができるでしょう。

そう言いますと、なるほどリーディング・パートはどちらの試験も同じようなものなのだなと思われるかもしれません。でも、それは勘違いであると言うことができます。すなわち、TOEICのほうはあくまで英語が使えるかどうかのテストになっていますが、英検のほうには日本人の英語能力テストという意味合いがあります。

 

では、その違いがリーディング・パートの問題にどのように表われているのかと言いますと、英検のリーディング・パートには、日本語に翻訳するという記述式問題が含まれているのです。ですから、全然日本語が出来ないという方でもTOEICで高得点をとることは出来るわけですが、英語検定の場合にはそうはいかないということになります。また、このように記述式の問題が含まれているということは、TOEICのようなマークシート式の選択肢問題に慣れている人にとっては、厄介な問題と言うことができるかもしれません。

 

つまり、あてずっぽうでは通用しない訳なのです。ですから、英語検定のリーディング・パートで高得点を得るためには、英文を解釈して日本語に正確に翻訳するという能力が要求されることになります。まあ、このような試験内容については、異論もあることでしょう。つまり、Englishを習得するためには、Japaneseで考えるのではなくて、Englishそのもので考えることが必要なのであるというような議論がよくなされている訳です。

 

ですから、英和辞典を使用するのではなくて、英英辞典を使用すべきであるなどと主張している人もいます。確かに、この議論には一理あると言うこともできます。すなわち、特に話し言葉の場合、言語のスピードについていくためには、いちいち母国語と外国語間の翻訳作業を行っていたのでは、とうてい自然な会話に追いつくことができないからです。でも、一方において、Englishを使う人とJapaneseを使う人がどちらも存在するという場合には、両言語間の翻訳を正確に行える人がいなければならないというのも事実ではないかと思えます。

 

ですから、TOEICの場合には、Japaneseの能力とは関係なくEnglishの能力を求めているのに対して、英語検定の場合には、Japaneseの能力もあってEnglishの能力もある人を求めているのだと言うことができるでしょう。ですから、英語検定のリーディング・パート対策としては、English Capabilityももちろん大事ですが、Japanese Capabilityも無視できないと言えるのではないでしょうか。